MENU

経常収支赤字転落の日本での独立開業はどうなる

すでに貿易赤字は常態化してきているのではないかと思えます。

そして、2020年ごろには経常収支も赤字状態化になるのではないかと予想されています。

ところが、今年一月に大幅な経常収支赤字となっています。

務省が2012年3月8日に発表した1月の国際収支状況(速報)によると、モノやサービス、配当、利子など海外との総合的な取引状況を示す経常収支が
4373億円の赤字となった。単月での経常赤字は2009年1月以来、3年ぶり。赤字幅は比較可能な1985年以降で最大となった。
http://news.livedoor.com/article/detail/6349834/

これは結構心配な事態ではないでしょうか・・・・

経常収支が赤字になると、国内で国債が消化できず、海外の日本の国債の購入割合が多くなります。

となると、何かあれば売られて安くなり、国内で保有している金融機関が含み損をかかえ・・・

金利が高くなっていきます。

固定金利の日本公庫の事業ローンなどでしたらまだいいですが・・・

つなぎ融資などで、民間の事業融資商品、ビジネスローンなどを変動金利で借りていたら大変な負担になったりします。

ですから、これから独立開業を検討する場合、長期で事業資金を調達する場合は、絶対に、固定金利にするとか・・・

なるべく返済金を短くするとか、金利の低いうちに余裕をもって資金を借りておくとかする必要があるわけです。

日本の現状をちゃんと見極めて独立開業計画を持つことがとても重要になってくるわけです。

関連ページ

日本の貿易収支が赤字が常態化するかもしれない
円高、少子高齢化、賃金低下、世帯収入減少のなか、独立開業、起業を夢見る方のために役立つ情報。、独立のためのビジネスや知識。資金調達のための事業ローンなどの借り入れなどについて。
独立開業のリスクは正社員でいるのとたいしてかわらないかもしれない。
円高、少子高齢化、賃金低下、世帯収入減少のなか、独立開業、起業を夢見る方のために役立つ情報。、独立のためのビジネスや知識。資金調達のための事業ローンなどの借り入れなどについて。
震災復興にあわせて独立開業を目指せ
円高、少子高齢化、賃金低下、世帯収入減少のなか、独立開業、起業を夢見る方のために役立つ情報。、独立のためのビジネスや知識。資金調達のための事業ローンなどの借り入れなどについて。
女性の方が独立開業のリスクが少ないかもしれない
円高、少子高齢化、賃金低下、世帯収入減少のなか、独立開業、起業を夢見る方のために役立つ情報。、独立のためのビジネスや知識。資金調達のための事業ローンなどの借り入れなどについて。
円高単独為替介入は一時的な効果しか生まないがやらざるおえない
円高、少子高齢化、賃金低下、世帯収入減少のなか、独立開業、起業を夢見る方のために役立つ情報。、独立のためのビジネスや知識。資金調達のための事業ローンなどの借り入れなどについて。
メタンハイドレート採取用の試験井戸作業開始
円高、少子高齢化、賃金低下、世帯収入減少のなか、独立開業、起業を夢見る方のために役立つ情報。、独立のためのビジネスや知識。資金調達のための事業ローンなどの借り入れなどについて。
NEC社員1万人リストラ、リストラに保険かける独立スキルを作れ
円高、少子高齢化、賃金低下、世帯収入減少のなか、独立開業、起業を夢見る方のために役立つ情報。、独立のためのビジネスや知識。資金調達のための事業ローンなどの借り入れなどについて。