MENU

自己資金があればFCも選択肢だ

自己資金があれば、それを元にして、事業融資を受ければ開業資金が結構いるものでもスタートできる。

たいていの>事業融資は、必要な資金の半分ぐらいは自己資金がないとなかなか貸し手もらえないものですからね。

そして資金が結構用意できるならば、資金が必要なフランチャイズ加盟での独立開業も視野に入れるといいだろう。

ただ、返済をしながら事業をおこなうというのはかなりのプレッシャーになるので、返済の据え置き期間がちゃんとある融資がいい。

民間金融機関のビジネスローンだと、なかなか返済の据え置き期間があるようなものはないので、やはり公的な金融機関で融資をうけるのが当然の選択になってきます。

またFCでも自宅開業できるようなビジネスもありますので、資金をかけなくてもできるものもあります。

代理店募集などで調べると、最初の加盟金だけで、ロイヤリティーなどがないビジネスも存在するので色々調べて資料盛況してみるといいだろう。

関連ページ

再就職手当は独立開業する場合でももらえる
円高、少子高齢化、賃金低下、世帯収入減少のなか、独立開業、起業を夢見る方のために役立つ情報。、独立のためのビジネスや知識。資金調達のための事業ローンなどの借り入れなどについて。
移動販売で独立開業するにはどうしたらいいのか?
円高、少子高齢化、賃金低下、世帯収入減少のなか、独立開業、起業を夢見る方のために役立つ情報。、独立のためのビジネスや知識。資金調達のための事業ローンなどの借り入れなどについて。
これから伸びるビジネスを探せ
円高、少子高齢化、賃金低下、世帯収入減少のなか、独立開業、起業を夢見る方のために役立つ情報。、独立のためのビジネスや知識。資金調達のための事業ローンなどの借り入れなどについて。