MENU

再就職手当は独立開業する場合でももらえる

退職して、再就職する間は雇用保険がもらえるわけですが、起業する場合は原則もらえないわけです。

しかし、このご時世ですから、再就職支援をハローワークで受けても、なかなかできないから、いっそのこと、事業を始めることにしました

という事だってあり得るし通るわけです。

ことはお役所仕事ですから、「あなた、初めからそのつもりでなかったの?」と思わらたとしても、条件があっていれば、もらえるわけです。

そして、早めに就職できたひとに、支給される再就職手当は、なんと、事業を始める人ももらえると規定されています。

再就職日の前日における受給期間満了日までの基本手当ての支給残日数が3分の1以上で45日以上あることが条件で、結構限定的な時期になっているので、これに合わせて、

起業する必要があります。個人事業開業届ならば、届け出を出すだけですから、届け出た日を起算日にすればいいのではないかと思います。

独立するとき少しでも余裕の資金がほしいですから、独立開業でも再就職手当がもらえる可能性があることは覚えておいてそんはないでしょう。

関連ページ

自己資金があればFCも選択肢だ
円高、少子高齢化、賃金低下、世帯収入減少のなか、独立開業、起業を夢見る方のために役立つ情報。、独立のためのビジネスや知識。資金調達のための事業ローンなどの借り入れなどについて。
移動販売で独立開業するにはどうしたらいいのか?
円高、少子高齢化、賃金低下、世帯収入減少のなか、独立開業、起業を夢見る方のために役立つ情報。、独立のためのビジネスや知識。資金調達のための事業ローンなどの借り入れなどについて。
これから伸びるビジネスを探せ
円高、少子高齢化、賃金低下、世帯収入減少のなか、独立開業、起業を夢見る方のために役立つ情報。、独立のためのビジネスや知識。資金調達のための事業ローンなどの借り入れなどについて。