MENU

これから伸びるビジネスを探せ

震災復興の地では、既存のビジネスでも需要があるから儲かるでしょう。

ただそれは5年ぐらてしか続かないでしょうから、復興需要を取り込んで起業独立のもいいですが

その先の事もしっかり考えておいた方がいいでしょう。

実は、大手上場企業の多くが過去にない赤字決算を先日の中間決算で出していますが・・・100社以上の企業が、過去最高の収益を挙げていたりします。

つまり、円高や、世界景気にも関係なく、新たに伸びる分野の産業では、日本企業は結構伸びているのです。

独立開業計画を立てる場合は、これから伸びる分野を的確につかんで、それに関するビジネスを考えるべきでしょう。

単純に考えると、太陽光発電などの新エネルギーの分野や・・・・高齢化での介護や福祉、医療の分野、そして世界的な食糧危機がよそうされるならでの農業の分野です。

もちろん、個人でできる独立開業を考えれば、太陽光パネルを作る訳にもいきませんし、販売も難しいでしょう・・・介護や福祉は、人件費や施設という大変なコストのかかるところが壁になりますし・・・

農業は家庭菜園をやれば分かりますが、労働、自然という壁がありましす、農地を集約して手に入れるという事も困難です。

だったら全部ダメじゃないかと言うことになりそうですが、どの分野も、ど真ん中の直球でせめてもダメなのです。

それに関連するビジネス、付帯するビジネス、必要になってくる需要を見つけて隙間に入るような事を考えるのがいいです。

関連ページ

自己資金があればFCも選択肢だ
円高、少子高齢化、賃金低下、世帯収入減少のなか、独立開業、起業を夢見る方のために役立つ情報。、独立のためのビジネスや知識。資金調達のための事業ローンなどの借り入れなどについて。
再就職手当は独立開業する場合でももらえる
円高、少子高齢化、賃金低下、世帯収入減少のなか、独立開業、起業を夢見る方のために役立つ情報。、独立のためのビジネスや知識。資金調達のための事業ローンなどの借り入れなどについて。
移動販売で独立開業するにはどうしたらいいのか?
円高、少子高齢化、賃金低下、世帯収入減少のなか、独立開業、起業を夢見る方のために役立つ情報。、独立のためのビジネスや知識。資金調達のための事業ローンなどの借り入れなどについて。